共感的コミュニケーション

共感的コミュニケーションは、もとは

NVC(Non-violent Communication)です。

NVCを確立したマーシャルと同じ疑問を、私もずっと持っていました。

◎マーシャルの問いかけ

私たちは本来、人を思いやり、与えたり与えられたりすることを楽しむのに、なぜかみ合わなくなったり、ときに暴力的になってしまうのか? 

                私、まったくそのとおり!と共感。

◎問いかけに対し、推測された要因

〇本心と違う言動が習慣化

元気じゃないのに元気なフリ、ある人間像のフリ、ごまかす、他人に合わせる

→自分のニーズが分からなくなる

〇勘違いのすれ違い

評価する、決めつける

〇役に立ちたいという欲求の動機が、他人軸で、認められたい、評価されたい、仕事だからやらなきゃいけないという気持ち

→求められていないアドバイスや余計なお世話、同情をしてしまう。

◎マーシャルの提案

言葉の力に気づき、どのような言葉(コミュニケーション)によって思いやりを引き出せるのかを探求し、プロセス化した。


◎共感的コミュニケーションのポイント

(主に言語を介したコミュニケーション)

☆相手が何を大切にしているかに興味を持ち、その気持ちを大切にする

☆相手が自身の本心を確かめられるような問いかけをする。(〇〇が大事なんだね。。。〇〇がしたいんだね。。。)

◎自己共感の重要性 ぶれない自分になる

☆わたしってほんとうは何を求めているのか?

自分に嘘をつくことに慣れていないか?

自分の純粋な欲求が分からなくなっていないか?

自己の欲求を確かめるには:

負の感情が起きたときに、捉えやすい。

求めているものが得られないとき、大切にしている思いが侵害されたときなど、過剰に反応してしまう。

◎共感的コミュニケーションのプロセス

〇相手が何を感じているか?観察する。

表情や全身の様子から、考えている、不愉快、照れ、嬉しい、がっかり・・・・

手に力が入った、下を向く、身体が揺れる・・・・

〇相手が大切にしていることは何か?という意識を持ち続ける。

自分軸のままで、相手の価値観に対し、人としての共感を持つ。

→傾聴やリフレクションよりも、深い信頼を得る。


◎怒りへの対処

〇自分に対する怒り

相手のニーズ・価値観は何か、それが満たされなかったことに気づく。

〇謝るだけでは相手の感情(何かを伝えたい)が収まらない。なぜ怒っているか、相手の価値観が分かったことを伝える。

〇他人の自分に対する評価反応にふりまわされない。他人の感情に責任をとらなくていい。

〇価値観の合わない人でも、相手のニーズ価値観に興味を向ける姿勢をあらわして繋がりを保てる。

〇自分の怒りの対処

自分の大切にしていることが損害されたから怒っている、怒りの原因を認識。

よくない感情に居場所を与える。

→アンガーマネジメント(おさえたりそらしたりする)より効果的


参考:

マーシャルの本が分かりにくかったので

kindle版 『共感的コミュニケーション2017』 水城ゆう

とても分かりやすかったです。


本当の安心感は 何も言わなくていい静けさ。

日本人は沈黙が苦手、でもほんとは何も言いたくないし、察してほしい。


mandala life 調和の暮らし  サイト構築中

曼荼羅 ∞ みたまのちからをひらく

http://mandala-life.net 草花樹を味方に、創造的な暮らし。所属しないから多様な自分の時価で、気まぐれ接続。人物像をも固定されない。解放される自由ってサイコー。

0コメント

  • 1000 / 1000