powerofspirit

記事一覧(16)

薬毒同源

薬食同源の前に。なにが効くとか効かないとか、とくにネット上の健康にまつわる話には、素人が読んでも違うなぁと思うものが多い。それって吸収されるのか? それって作用するのか? そもそも目的は?身体が資本。作用機序を知らないと危険と思う。生化学や薬理学が分からなくてもいいけれど、様々な現象には、媒体である場(基質)と媒介(触媒)がある。すべての物質は媒体であるといってもいい。触れただけ、混ざっただけで反応する物質もあるけれど、生体は、受容体や酵素による特異選択性がないと、身体は身体として保持できない。キンポウゲ科トリカブト成分アコニチンのLD50値(ラットの半数致死量。ヒトでは不明)は120。この根が漢方の生薬の原料となっていたりする。似た作用をするものにジキタリス。死ぬかもしれないけど強心剤。極端な例だけれど、要するに生理活性作用の強いものが、毒だったり薬だったりになっている。最強の生命体は、やはり微生物か。知られている、自然毒のトップ3が微生物由来の毒。食中毒菌であるボツリヌス菌の産生毒、その最小致死濃度は0.0003μg/kgだという。μgは1000分の1グラム。ここまで強いと薬にはならない。昔に毒性の強い植物などが薬として使用されていたのは、今のように成分を単離して使用しないので、作用が弱かったり、他の成分で中和されるから。なので民間薬がほんとにいいかは分からない。面白いことに、薬草は呪詛にも用いられていた。たとえば諏訪薬というものがあった。(☆)古代から神社・豪族は、医薬を大切にし、一族の秘薬として保持し、良民に分け与え一族の発展を図ってきた。諏訪薬は守矢家の秘薬であり、口伝により伝えられてきたという。守矢家の一子相伝の記述の中に神長家の秘伝の資料があり、その中の呪詛について、込められた呪いを倍加するために用いたも物のひとつに諏訪薬があり、ゲンノショウコの暗喩は「国父の杜を憎む」と書かれている。(☆)『民間薬を知る ふるさと薬草ものがたり』参照理学博士である矢澤久豊さんが10年ほどかかって、地元伊那高遠周辺の人に聞いたり資料を集めたりして自費出版された。民間薬の根拠など分かりとても参考になる。自然界は安定(低エネルギー)へ向かう。生命は、エネルギーを活性しながらいのちを維持する。安定と活性の大きな対流。微生物は仲介的な存在。身体は寿命の短い小宇宙。大宇宙のなかで、点滅する光。大宇宙に内在している信号に古いも新しいもなく、はじめからあるのであって、ただ我々がオンオフを選択している。体内のDNAのオンオフや受容体、酵素の働きが、必要に応じて選択的に働くように。その秩序はまさに神業。ただいのちの躍動が、エネルギーの循環として現れている。ここまできて、そういえば お盆ってなんですかおかげさまこれでよかったいのちの源へ合掌

自然美に勝るものなし 葛とバイオテクノロジー

あるとき、お蚕の遺伝子組み換えをして、蛍光する糸を生産したというニュースに、違和感を感じた。遺伝子組み換えをしてまで、蛍光する絹糸で作られた服を高級とする価値観が、じつにナンセンスだと思ったのだ。ごく一部の人以外に、なんのメリットもないどころか、美的感覚が乱れていないか。私だってひかりものは好き。鉱物の結晶やキラキラしたものに惹かれる。でもそれは「そこにあるから美しい」という場合もある。持ち帰っても、美しくないのだ。それが自然界の壮大な芸術。そうでなくても、絹はそのままで十分に美しい光沢。純粋に意識を発していた、美しいものをつくりたいんですーーー。世界の果てから返ってきたコダマは、葛。住宅地にも繁茂して嫌がられている葛は、内側に光沢を持っている。それを発見した人のセンスはすばらしい。静岡で生まれたのに、葛布というものは知らなかった。いまちょうど、葛の繊維の採取時期らしい。ぐずぐずしてるうちに クズがすくすく 伸びてしまう (^^;)/そういえばそんな時期。伝統的なやり方はできないけれど、つるの先2mくらいを刈りとり、葛の繊維を取り出した。しかし表皮を腐らせるのに浸水嫌気では、ドブ臭が。。。なかなか臭いが揮発しない。

フリーエネルギーという仮説の意義

物質、人も、エネルギーの媒体。人の知識は物質、智慧はエネルギー。だから智慧がなくては動かない。飯島秀行さんがそのようなことを書いていました。飯島さんとフリーエネルギーがセットで出てくるのだけど、モノはあくまで伝達ツールで、モノのよしあしの批評で、当人が真に証明したかったことは何か?を問われなくなのは残念なので記しています。枝葉同士を繋ぎ合わせようとしてもつながりません。つながる場所は大地です。フリーエネルギー装置と、宇宙の法では天地の違いがあります。枝葉の様子だけみて花を咲かせようとしたり、人が方便から方便を説いてきたためか、真理(宇宙のしくみ)をさとることが難しくなっている世の中では、自然界からダイレクトに真理を得たほうがいい。間違いのない自然法則が先で、科学的なことは後付け。智慧はエネルギー。言葉のとらえ方で次元が違う。私的には意識によって獲得していく気づきを智慧といっている。物質は崩壊、人は老化していくけれど、還元操作によってコントロールすることもできる。ただし宇宙法則(カタ)は不変、位置順や組み合わせは変更可能。さて、どこまで還元操作したいでしょう。人の欲求も無限。気がすむまで続くのが気の法則。なにをしてもいいけど、返ってくる現実に文句を言わないこと。出したものが返ってくる。宇宙法則がわかると徳なのは、気持ちの余裕が無限大になること。発酵活性、自在変化一歩引いたほうがウワテで大風呂敷統まるたまは無限大鏡に映した陽で闇を迎え天地をつらぬく剣を伝い多次元同時に行脚するすべてとつながる場所すなわち大海原の真中で大笑いギャップが生じ、方向性を持つと、エネルギーが動き出す。人の方向性は、感情意思意識欲求。拮抗するエネルギーの中和状態は不動で見えなくなり、無(死)といわれる。モノはゆらいでいるから見えるんです。理想(目的)と現実には天地のギャップがあり、世界観が広いほど、自らの力を出したいほどギャップの大きさを選んでしまう時、それがわかっていればチャレンジ、わかっていなければ苦しみとなります。お金で目的を得てしまったら、エネルギーが出ないうちにまた次の目的を探さなければならない。すぐ手に入ると、また次。。。お金で手に入らないものを求めたほうがいいですね。

体内の水を変えてみる

飲用に、小黒川キャンプ場の湧水を10日に一度くらい汲みにいくようにしました。いま小黒川沿いにはヤブカンゾウが多発中。春の野草としては、アクがなくてたくさん食べられる。食品より大気や水のほうが、圧倒的に体内に入る量が多いんですよ! 食品にも水分が含まれていますが、ビタミンや薬効成分とかより、生きた水分かどうかをひとつの指標としたら、よい食品ってどんなものでしょう。で、工場でつくられたような食品は、私はほとんど食べません。   ☆☆からだのデータ☆☆骨の体重に占める割合 20%筋肉の体重に占める割合 40%水分量 体重あたり 男性60%、女性50%、乳児75%1日の水分摂取量2200ml 他代謝水300ml1日の水分排泄量2500ml血液量 体重の1/12~1/13『ぜんぶわかる人体解剖図』より      ☆☆☆☆☆☆意外と女性のほうが水分量が少ないんですね。中医学では経口するH‐O‐Hが単純に精・気・血・津液の「津液」にならず、そもそも気血水の概念が西洋医学とは違っています。『人々は、「気」が自然界を構成する最も原始的な物質で、気の運動変化により森羅万象が誕生したと考えていた――』気は素粒子のことかもしれません。素粒子の様々な振動が万物を生み出したかもしれません。……なにやらチラチラしてますが難解です。食は娯楽、好みのものを食べてよし。水を変えることなら誰でも可能だし、分かりやすい。渓流の音を聞くだけで、お!良さそう、と思うその感覚で、心地よいものが合っている、美味しいものが身体によい。4月15日(日)マツモト サンデーマーケットで竹製の小物を広げてます。売り物はありません。話の種はあります。3月25日

三種の神智~自由、無所有、静寂~

仕事をやめて半年、このスタイルです。  精神的自由、無所有思考、積極的静寂そぎ落として、そぎ落して、そぎ落していきます。物質的に貧しければ貧しいほど、やりやすいことです。必要のないことはせず、必要のないところへ行かず、先のことは考えず、必要のない雑音情報をカットする。徹底的に解放感を味わう。やがて自由と静寂が訪れます。ほんとに必要なことしか思い浮かばなくなります。自分から生み出すようになります。感覚が鋭くなり、整心します。これを浄化というのでしょうか。浄化せずに、高価なものや高価なお勉強をしても、混乱するだけかもしれません。私は世界一よくばりであるので、無所有だと言います。私のものは、私の魂、心、身体だけです。このパソコンは私のものと言ったら、このパソコンだけしか私のものではないですが、誰のものではないと言ったら世界のすべてが自分とつながります。自由と静寂は、自己のパフォーマンスとインスピレーションを最善に高める環境になっています。静寂とは無ではなく、全てが始まる、生命力に満ちた場だということを感じます。私がこうしたことを望むのは、磨かれた魂とよい因縁を次生へ持ち越したいからです。現代人の寿命からすれば、まだ人生半分きたところですが、昔の寿命ならもう後半。。。いろいろが加速しているのに、社会全体に精神性が見られない。。。。人としての智慧を積むエイジングをしたいものです。mandala life 調和の暮らし

精神のホメオスタシスを設定する

ホメオスタシスは恒常性とかいわれますが、その仕組みは環境と体のフィードバックシステムで、熱ければ汗をかいて温度を下げるというのがわかりやすいですが、精神にもホメオスタシスが働きます。精神はコンフォートゾーン、心地よい場や目指すところを保とうとし、そこから外れるとストレスや脱力を感じます。適度に高いところを保つと、スッとするような、凛とするような、意識がクリアになり爽快です。意識が現実を引き寄せる(表現が適切ではないですが)なら、どうありたいという想像の場を仮定し、その場に自分のホメオスタシスを保てば、そのようにふるまったり、そのように向かうチャンスに出会っていくことになるようです。●ホメオスタシスの場を設定する「欲求」生命は欲求で動いています。現代人の場合・・・欲求を抑えたり恰好つけたり、他人に合わせるなどが習慣化して、自分がほんとは何を望んでいるのか、わからなくなっていることが多いようです。嘘は持続せず、自分に嘘はつけません。頑張れる力というのは欲求、その持続性は動機の強さから発するのだと思います。小さな自分のためだったらそれなりの力しか出ません。認識している世界が大きいほど、世界のためにと思えばその世界の大きさと同じだけの力が出ます。この力の差はほんとに大きいと感じます。そして、欲求が真我から起こる湧き上がるような熱い想いであったかどうか、正しい欲求であったかどうか、現実をもって確認することになります。これが内的フィードバックで、徐々にゆるぎない自分の信念を、ホメオスタシスの場としていくことになっています。